風呂敷の有効活用法

いろいろあるサイズについて

風呂敷の使い方かっこいいし、使い勝手も良い風呂敷ですが、
一枚欲しいな、と言う場合はそのサイズに迷ってしまいます。

便利

と言うのも、使い方にあわせた、様々なサイズのものがあるからです。
お作法として、ご祝儀袋やお香典は、袱紗と呼ばれる小ぶりな風呂敷で
包むことがあります。

少し大きめのハンカチくらいの大きさ、バンダナのサイズに似ているものです。
一番小さいものになります。

一方、泥棒の代名詞、唐草模様のモスグリーンの風呂敷は、
さすが泥棒さんが目を付けるだけあります。

お布団一式、包んで背負うことができる、特大のものになります。

いろんな大きさ

このように、実に幅広いものがありますので、使い方を考えて寸法表示を確かめて購入しましょう。

お買い物など、今日常的に使うことを目的としているなら、70~80センチ四方のものが
かさばらず、便利に使えます。

もう少し大きくてもたくさん包めるでしょう。

ちょっとだけの場合、たくさん包む場合、と何種類か用意しておくと更に便利です。