風呂敷の有効活用法

風呂敷の良さ

風呂敷の使い方

贈り物をする

風呂敷の良さは、包装紙やラッピング用具を使わなくても
華やかになりますし、ご進物の品物やプレゼントを包んで
持って伺うことができるので、エコや環境に配慮できる
ということが挙げられます。

用途に応じて、慶事用に使いたい場合は華やかな色柄や
模様のものを、弔事や仏事に使いたい場合は、地味な色や
無地のものを用意しておくといいですし、好みの生地を使って
オリジナルの風呂敷を自作しても素敵です。

何度も使うと、汚れたり、シワがよったりすることもありますが、
自宅で洗濯できるものが多いので、繰り返し綺麗な状態で
使える良さもあります。

洗濯

洗濯する場合は、風呂敷に付いている洗濯表示を確認するようにしましょう。

綿やポリエステルの風呂敷は、ネットに入れて洗濯機の手洗いコースで洗える場合があります。
一般的に特殊な加工がされているものや、ちりめんや絹等の上質な生地の場合は
おしゃれ着用の洗剤を使って、優しく手洗いするのがおすすめです。

ネットに入れて、2、3度軽く押し洗いするといいでしょう。
汚れがひどい場合は、色柄ものに使える漂白剤を入れて、30分くらい
漬け置いてもいいでしょう。

脱水は洗濯機の手洗いコースの脱水にかけるか、手で弱く押して水気を切るくらいにします。

干す場合は、陰干しにして日焼けを防ぐようにし、
生地に合った温度でアイロンをかけるとシワが取れます。